確実なイタチ駆除と再発防止は業者依頼で解決

業者依頼が一番楽

女性

市販のねずみ駆除方法は、トリモチや粘着シートでの捕獲から殺処分のコースと、毒餌で殺処分して死体を掃除するコース、捕獲器で捕獲するコース、ネズミ捕り機での殺傷となります。このどれもが、グロテスクな死体の処分か、自らねずみを殺すかをする必要があります。ねずみ駆除にはこの覚悟が必要なのです。死体はすぐ見つけて処分しないともっとキツイ事態になります。ねずみは元々、歩きながら糞尿をする上、ドブや下水道を移動ルートに使っている場合もあり、雑菌でいっぱいです。死骸を放置するとそこで腐敗が始まり、ウジが這いずりまわるようになります。毒餌やケガで即死しなかった場合は罠の近くに死骸が見つからないこともあります。そのため、シミや異臭がしてから死骸の場所に気づくケースもあるようです。閉じ込めや家の中で死骸を放置すると、その部分の張り替えや殺菌消毒が必要になります。特にねずみはペスト菌やチフスなど多くの病気を媒介しますので、徹底した殺菌が必要です。こうした点から、ねずみ駆除は自力で行なうよりも専門の業者に依頼をすることがオススメなのです。まず、侵入ルートの特定で罠を仕掛け捕獲します。その後、処分し、汚染された部分の清掃消毒、殺菌と殺虫を行ないます。シミや異臭のする部分の補修工事を行なうねずみ駆除業者もありますので、利用することで、自らは苦労をせずにねずみを退治ができます。糞と尿で塗り固められたねずみの移動ルートの掃除も、業者にお願いできるので安心です。