確実なイタチ駆除と再発防止は業者依頼で解決

侵入を食い止める対処

罠

畑などや果樹園に多く出没するハクビシン。しかし昨今ではマンションや民家の屋根裏や天井裏に住み着くこともあります。ハクビシン駆除には法令の問題から専門業者への依頼が確実です。しかし、ハクビシン駆除の前に自分でできることは試してみるのも良いでしょう。まず、目的をはっきりさせます。ハクビシンが家に住み着いているケースの場合は、家に侵入させなければ解決できます。畑や庭などでの被害の場合には捕獲をするか、可能なら経路を塞ぐことが必要になるので、その場合にはハクビシン駆除の業者相談がオススメです。経路や巣が複数にあり、特定がしにくいこともあるので、外での敷地侵入被害はハクビシン駆除の業者に相談しましょう。家内から追い出すのであれば、比較的簡単です。まずはハクビシンの侵入経路を特定します。ハクビシンが家の中に入るには、大人のこぶし大程度の穴や通路が必要です。電線を伝って移動することもできるので、ちょっと高い位置から移動していることもあるかもしれません。まずは場所の特定を行ないましょう。特定できたら、後はハクビシンが家の中にいないことを確認してから穴を塞ぎます。家の中にいる状態で塞ぐと中で餓死する恐れがあるのでしっかり確認してから穴を塞ぐようにしましょう。後は屋根裏などの掃除と殺菌消毒をすれば完了です。ネズミと違って糞尿の場所をある程度決めているので、掃除は意外と簡単です。巣材として服や衣類などを持ち込んでいることもあるので、大きめのゴミ袋を持って点検口から上がると効率的でしょう。